アウトソーシングのメリット

事務負担の軽減
労働保険・社会保険の諸手続は、社員の入退社、労災、各種給付金、保険料の算定など複雑多岐に亘ります。その煩雑な事務をアウトソーシングすることにより、人件費の軽減や業務の効率化が望めます。
経営リスクの低減
労働保険・社会保険の諸手続を、専門家がバックアップすることにより、適正な人事労務管理ができ、企業様の経営リスクの低減、労使間トラブルの回避等が可能になります。
電子申請義務化対応
特定の法人は2020年4月より順次、電子申請の利用が義務化されています。しかし、単にシステムを導入するだけでは、電子申請を始めることはできません。準備する項目は多岐にわたります。
全国に拠点が多い企業や従業員の出入りが多い企業、セキュリティレベルが高くなかなか電子申請を導入できない場合などでも、アウトソーシングすれば自社での対応は不要です。
クラウド化も可能
フクシマ社会保険労務士法人は、安全なクラウドコンピューティングでお客様と結び、効率のよい労務管理の総合環境をご提供します。
クラウドには6つのアプリケーション(就業/勤怠管理・給与計算・明細配信・社員台帳等)をご用意しています。
高い安全性
フクシマ社会保険労務士法人は、日本最大の社労士向け労務管理システムを提供している(株)エムケイシステム(東証JASDAQ3910)のシステムを利用し、マイナンバーを徹底管理します。お客様が会社の中でマイナンバーを管理する必要はありません。
セキュリティ(国際規格取得)のインターネットデータセンターで管理されており、外部からのインターネット攻撃や内部データの流出防止はもちろん、事務所の天災等による破壊や消失の危険からも守られています。

お問い合わせ

フクシマ社会保険労務士法人は、長年の経験と裏打ちされた実績、数多い労務士による多面的なアプローチで、お客様をトータルサポートいたします。
ぜひ一度ご相談ください。